会社情報 ホール・アミューズメント情報 採用情報 不動産情報
home > 会社情報 > 沿革


沿革


業界をリードする優良企業!
当社は、1966年の創業以来、独自性の高い事業展開へ積極的にチャレンジしてまいりました。時代やマーケットのニーズを適確に店舗運営へ落し込んだ事業展開を重ねた結果、売上高の伸び率のみならず経常利益も順調に伸ばし、全国でもトップクラスの優良ホール運営企業へと成長したのです。

通常1店舗あたり平均300台の設置台数のが主流といわれていたパチンコホールの新規出店に対し、松原興産は1000台を越える超大型店舗を次々と展開。全国モデルとなるまでの店舗もあるのも当社の強みとなり、現在の「KYO-ICHI/ZETTA」ブランドの確立へとつながりました。

■1966〜1991年(約25年間)
京都府南部で徹底して地域戦略を行い、プライスリーダーに。この時の基盤が現在の成長を支えています。

■1991〜2000年(約10年間)
業界に先駆けて「ダブル店舗」を展開。斬新な事業モデルが功を奏し、急成長を遂げる。

■2001〜2006年(約5年間)
2001年より、「15,000台増大計画」を実行し、
2005年8月には、「23,000台(8000台増台)」を実現。
2008年5月のキョーイチ七条店(京都市右京区)の出店で
プロジェクトを完全達成しました。

■2007〜2013年(約7年間)
「大型店舗オープン」×「既存店グランドリニューアル」などを大々的に展開。
マーケットニーズを適確に捉え、着実な事業拡大を図っています。

■2014年〜
更に進化した「ZETTAブランド」を展開中。